成長日記



ハウスみかんなのに、さらに愛情深く。
リバーファームの"せとか"は、ハウスみかんでは通常行わないサンテ掛けをおこないます。

前月へ 翌月へ
瀬戸プリンセス(紅まどんな) せとか
瀬戸プリンセス(紅まどんな) せとか 9cm 8cm
大切な実に一つ、一つ丁寧にかぶせていきます。

リバーファームの"せとか"は、ハウスみかんでは珍しい「サンテ掛け」という作業を行います。

通常は路地物のみかんに行う方法ですが、ここリバーファームではハウスに守られた「せとか」をさらに風、寒さから守ります。

「サンテ」とは、ストッキングのように収縮性のある布で、大切な実に一つ、一つ丁寧にかぶせていきます。

寒さ、風から守ることと、みかんの肌を綺麗に、艶々しく保つためでもあります。

暖かいサンテ

こうやって、大事に育てているからこそ、見たこともない美肌の”せとか”が誕生するのです。

一方、瀬戸プリンセスのほうは、先月よりさらに追熟を重ね、糖度、大きさも順調に上がってきています。
希少性の高い、3L、4Lサイズもたくさん実っています。

リバーファームは温暖な瀬戸内にありますが、やっぱり冬は寒さも厳しいものです。

せとか収穫の2月中旬まで、暖かいサンテと愛情を包み込んで育てていきます。


「ファーマーのつぶやき」

「つやっつやになるけん。ほんま。
 今、実験的にサンテかぶせてないのもしよるけん。まあびっくりするよ!」

前月へ翌月へ