せとかについて

「せとか」上品な甘さとジューシーな食感。リバーファーム産の「美しく」「美味しい」せとかを。
Setoka
せとかとは?

「せとか」は、高糖度で良食感の「アンコール」「マーコット」、風味の良い「清見」を掛け合わせて生まれた「タンゴール農林8号」の愛称です。

果実は250g程度で、果皮は橙色から濃橙色で、外観は極めて美麗。
香りが芳醇で、糖度は13度程度と甘味が強く、酸味とのバランスがよい果実です。

2001年から市場への本格出荷が始まり、あまり歴史はありませんが、甘味・食感・風味共に優れ、市場での評価が高く、たいへん人気のある品種です。


艶やかで味のバランスがとれた“せとか”の誕生です。
通気性、保護効果など創意工夫されたハウスで愛情たっぷり育ったキズのない逸品。 Setoka

「瀬戸プリンセス」の隣で育てられているこの「せとか」は、例えるなら、柑橘の「プリンス・貴公子」といったところでしょうか。

温暖な愛媛では露地栽培でも育つことができるのですが、リバーファームでは屋根掛けネットの中で、ひとつひとつ大切に育てられています。

収穫時期は真冬の2月。冬の寒い時期を超えなければならない「せとか」は、ひとつひとつネットで包まれ、冷気から守られています。そして、艶やかできれいな橙色の果実へと成長します。

ポイントは酸味・甘みのバランス。

もともと酸味・甘みのバランスのとれたジューシーで良質の果実である「せとか」。その魅力を充分に引き出すため、果実や木にストレスがかかりにくいよう快適な日当たり、風通しの中で、ゆったりと育てられています。

こうして育った「せとか」は、果汁がたっぷり。ずっしりとした扁円(へんえん)で、風格がある「貴公子」へと育ちます。

Setoka

  • せとか 品種名:タンゴール農林8号
  • 12玉入り(2L~3L) 10玉入り(3L) 15玉入り(L) 6玉入り(2L~3L)
  • 3月(予定)
  • 愛媛県
  • リバーファーム(愛媛県今治市)